スポンサードリンク

アトピーの原因のひとつは腸内環境の悪化

アトピーの原因としてひとつは、腸内環境の悪化が原因としてあげられます。

 

アトピーの原因は様々で、いろいろな要因が重なり合って、発症している事も少なくありません。

 

例えば、原因として挙げられるもので言えば、

  • 皮膚の乾燥やアレルギー反応から起こるもの
  • ストレス
  • 遺伝性によるもの

アトピーの原因の一つは腸内環境の悪化

などですね。

 

そして、その他のひとつとして、挙げられるのが
腸内環境の問題です。

アトピー改善は外からのケアだけではない

アトピーと言えば、体の外からケアだけではなく、内側からのケアも大切です。

 

乾燥しないように、薬や保湿剤などでのケアは、かかせない事であり必須となりますが、そもそもアトピーの原因は、体の内側にある事が多いのです。

 

病院へ行き、いくら強い薬を処方してもらい、塗ったからといっても一時的には良くなるがまた悪化してしまうという経験がある方も多いですね。

 

アトピー改善に大切なのは、薬や保湿剤といった外側からのケアだけでなく、
なぜアトピーなのか?という原因と向き合っていかなければ、改善には繋がりません

 

体の内側の原因も探ってみましょう。

アトピーの人は腸内細菌のバランスが乱れている

アトピーの人は腸内細菌のバランスが乱れている

腸内細菌のバランスが乱れてしまうと、腸内環境が悪化してしまい、アトピーや食物アレルギーなどの症状として出てくる事があります。

 

アトピーの人は、腸内細菌の善玉菌の数が少なく、悪玉菌の数が多いという研究結果も出ています。

 

悪玉菌は、腸内で有毒物を作り、それが腸内環境を悪化させる原因となってしまうのです。

 

腸内を刺激して炎症を引き起こす原因にも繋がりますし、その炎症した部分から腸内の有毒物が入り込むことで、アトピーの原因となってしまうと言われています。

アトピーの人が腸内環境を整える方法

腸内環境を整える方法として、一番重要な事は、食生活を見直す事です。

 

食生活を見直す事により、善玉菌を増やしたり、悪玉菌を減らしたりと、腸内細菌のバランスを整える事が出来ます

 

アトピーの人が腸内環境を整える方法

現在の日本の食生活は、欧米化が進み、腸内環境を狂わせる原因となっています。

 

そこで、腸内環境を整える方法を見ていきましょう。

 

 

腸内の悪玉菌を減らそう

悪玉菌を減らすには、昔からの日本の食生活に変えていく事です。

 

例えば、パンをお米に変えたり、肉を食べる事が多い人は、魚に変えたりします。

 

また、日本では、昔からお味噌やお漬け物などの発酵食品で腸内細菌のバランスを取っていたとも言われているのでおすすめです。

 

添加物や化学調味料などが入っている物は、極力減らす事も重要です。

 

外食やお惣菜、コンビニのお弁当などが多い人は、要注意!

 

また、ストレスから暴飲暴食をしたりする事も腸内環境を狂わせてしまう原因になりかねません。

 

腸内の善玉菌を増やそう

乳酸菌が多く含まれている食べ物を食べる事が善玉菌を増やす事に繋がります。

 

ただ、乳酸菌というと乳製品から取るイメージが多いですが、日本人はもともと酪農の国ではない為、乳製品から乳酸菌を取るよりもお漬け物から取る方が良いでしょう。

 

量をたくさん取れば良いというわけでもないので、注意して下さいね。
善玉菌が増えすぎると、お腹がゆるくなってしまうことがあります。

 

現在は、腸に良いとされている、植物性乳酸菌のサプリメントも市販されているのでこうしたサプリメントもおすすめです。

 

 

 

アトピーのケアといえば、体の外からケアしている人は多いですが、内側からのケア、つまり、腸内環境を整えることはとても大切なことです。

 

腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌のバランスが重要で、どちらに傾いてしまっても腸内環境は悪くなってしまいます。

 

まずは、食生活の見直しから腸内環境のケアを目指し、アトピー改善へと繋げてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク