スポンサードリンク

アトピーの人は食生活の改善を考える

アトピーの原因はいくつも存在します。

 

    アトピーの人は食生活の改善を考える

  • ストレス
  • アレルギー
  • 遺伝
  • 生活の環境

 

などいろいろな原因があげられますが、その中でも食生活は大きな原因のひとつです。

 

現代は、カップ麺やコンビニやスーパーのお惣菜など簡単で味が良いものが増え便利になりました。

 

しかし、それらの食べ物には、添加物や化学調味料なども多く含まれており、そういった食事を続けると体に悪影響を与えます。

アトピーに悪影響を与える化学物質

カップ麺やインスタント食品、コンビニのお弁当、お菓子類などには、

  • 化学調味料
  • 添加物
  • 保存料
  • 着色料



 

などが含まれています。
化学物質は、体内に蓄積したり、体内で消化するのに多くのエネルギーを消費します。

 

そのため免疫力が低下することに繋がり、アトピーに悪影響を与えてます。

アトピーの人はアレルギーを起こす食品を選ばない

アトピーの人は、アレルギーを持っている人も多く存在します。
食物アレルギーは、アトピーの悪化に繋がります。

 

体が反応しやすい食品として、

  • 牛肉
  • 豚肉
  • 羊肉
  • 魚介類
  • 蕎麦
  • 小麦
  • 豆類
  • 牛乳
  • チョコレート


 

などがあげられますが、個人によって違いますので、ご自身にどんなアレルギーがあるか病院で検査されることをおすすめします。

 

アトピーの人はアレルギーを起こす食品を選ばない

アレルギーがあるか分からなくても食べた後、体に痒みやしっしん、じんましんなどが出るものは摂取しないようにしましょう。

 

また、アレルギー反応はその日の体調によって変わる場合もありますので、注意して下さいね。

水道水はアトピーに悪影響を与える

飲料水は食事には欠かせないものですが、実は、アトピーに悪影響を与えるものとして、水道水も挙げられます。

 

水道水はアトピーに悪影響

水道水には、殺菌を目的として塩素が含まれています。

 

塩素は、タンパク質やビタミンの破壊、腸内の善玉菌を減少させる事からアトピーの原因とも言われているのです。

 

戦後、水道水に塩素が含まれるようになり、アトピーが増えたというデータもあります。

 

アトピーの人は、食事の時の飲む水や料理に使う水は、浄水器などを使い塩素を除去する事も大切です。

アトピーを改善する食事

アトピーを改善する為には、食生活でもいくつか気を付けたいことがあります。

 

小麦に含まれるグルテン摂取を控える

小麦には、グルテンが含まれています。

 

グルテンは、タンパク質の一種で、摂取する事により、小麦アレルギーやアトピーの原因に繋がるグルテン過敏症の恐れがあります。
小麦は、食物アレルギーの3大原因のひとつです。

 

グルテン過敏症として挙げられる症状は、肌荒れが酷い、精神不安定、疲れ、体調不良、関節の痛みなどが挙げられます。

 

日本でも、現在、朝パンを食べる習慣やお昼に麺類を食べる事がありますが、お米を食べるようにし、グルテンの摂取を控える事をおすすめします。

 

トランス脂肪酸を含まない油を使う

オレイン酸やリノレン酸などを含む油が、トンランス脂肪酸を含んでいない油です。

 

オレイン酸を多く含む油として、

  • キャノーラ油
  • トランス脂肪酸を含まない油を使う

  • ピーナッツ油
  • 米ぬか油
  • オリーブ油

などがあります。

 

中でもおすすめは、オリーブ油です。

 

オレイン酸は、酸化しにくい油ですので加熱料理に向いています。
悪玉コレステロールだけを下げる働きがあり、内蔵機能を高めてくれます。

 

オリーブ油の中でも化学溶剤などを使用しておらず、トランス脂肪酸を含んでいないエクストラバージンオイルを選ぶようにしましょう。

 

トランス脂肪酸は、マーガリンやショートニングに多く含まれています。
トランス脂肪酸を過剰に摂取すると、アレルギーの炎症を悪化させてしまいますので注意しましょう。

 

現在、簡単で便利で美味しく感じる食品が増えていますが、体内のケアを考えて、食と向き合っていかなければ、アトピーは改善されません。

 

食事は、毎日する事のひとつなので悪い物は蓄積されていきます。

 

しかし、毎日良い食事を行っていけば、健康的な体を手に入れる事が出来ます。
毎日体に入れるものだからこそ、アトピー改善に向けて向き合っていきたいものですね。

スポンサードリンク