スポンサードリンク

アトピーの人のシャンプーの選び方

アトピーの人が、シャンプーを選ぶ上で一番重要なポイントは、どんな界面活性剤が使用されていかをしっかりチェックすることです。

 

シャンプーの多くは、「合成界面活性剤」というものが使用されていますが、合成界面活性剤の中でも

アトピーの人のシャンプーの選び方

 

  • ラウレス硫酸Na
  • ラウリル硫酸Na

 

といった成分は、アトピーの人にとっては特に刺激が強く悪化の原因となってしまいますので注意が必要です。

 

この2つの成分は一般的に売られている多くのシャンプーの中に使われています。

 

その理由としては、このラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naは、泡を良く立たせる特徴や洗浄力も高いという特徴がある為、肌への負担を考えずシャンプーの本来ある目的だけに着目すれば特に問題のない成分なのです。

 

しかし、洗浄力が高いということはその分肌への負担も大きくなってしまう為、肌の弱い方はもちろん、アトピーのある方には当然おすすめすることはできません

 

他にも、シャンプーを選ぶ際は余計な添加物などが入っていないかもチェックされると良いでしょう。

 

アトピーの肌は、皮膚のバリア機能が低下している為、通常であれば耐えることのできる刺激にも敏感に反応し悪化させてしまいます。

 

症状悪化を防ぐためにも、合成界面活性剤や添加物の使用されていないシャンプー選びをすることがアトピー改善に繋がりますので、注意しましょう。

シャンプーは頭皮だけではなく顔や体にも影響する

シャンプーは、頭を洗い流す際、顔や体をつたって流れる為、頭皮だけでなく顔や体にも悪影響を与えます。

 

その為、頭皮だけでなく顔や体への影響を防ぐ為にもシャンプー選びは重要となってくるのです。

シャンプーは頭皮を傷付ける

シャンプーは頭皮を傷つける

シャンプーに含まれる洗浄成分の多くはは、頭皮のバリア機能に悪影響を与えてしまいます。

 

アトピーの人の場合、そうでない人と比べると肌のバリア機能が低い為、洗浄力の強いシャンプーを使うことで更に肌のバリア機能を低下させてしまうのです。

 

洗浄力の強いシャンプーによって傷つけられた頭皮は、健康を取り戻すのに早くて3日は掛かると言われています。

 

シャンプーは基本的に毎日行いますので、シャンプーを使えば使うほど、頭皮にはダメージが蓄積されていくことになってしまう訳です。

 

また、自然由来の成分で作られたものや無添加のシャンプーであっても、低刺激とはいえ洗浄力がある以上、頭皮への負担をゼロにすることはできませんので注意が必要です。

アトピーを改善するにはお湯シャンプーが一番

アトピー改善に一番合ったシャンプーの方法は、お湯だけを使って洗髪する「お湯シャンプー」です。

 

自然由来成分で作られたシャンプーや無添加のシャンプーは、他のシャンプーに比べると低刺激であることは間違いないのですが、残念ながら低刺激というのは刺激が全くない訳ではありません。

 

アトピーの人の場合、そうでない人と比べると頭皮を始め肌のバリア機能が低下している為、低刺激であっても肌にとっては大きな負担となってしまう場合があるのです。

 

その為、低刺激タイプのシャンプーであっても使わないに越したことはありません。

 

頭皮を始め皮膚から分泌される皮脂や汚れは、人間の体温で溶けて出て来たものなので、お湯で洗い流す事は充分可能です。

 

ダメージを受けている頭皮に合うシャンプーを見つけるよりも、シャンプー自体を使わない選択をした方が、頭皮が回復に繋がります。

お湯シャンプーのやり方

1.ブラッシング
洗髪前は必ずブラッシングをしましょう。
ブラッシングすることで頭皮に溜まった皮脂を、毛先になじませかゆみや臭い、べたつき、毛先のパサつきなどを防ぐことに繋がります。
ブラッシングの際は、頭皮が傷付かないよう注意して下さいね。

 

2.ぬるま湯で優しくマッサージ
34〜38℃位のぬるま湯で頭皮や髪を濡らしたら、優しくマッサージしながら洗っていきましょう。
お湯の温度が高いと肌にダメージを与えてしまいますので注意が必要です。

 

また、爪を立てず指の腹で優しく洗うようにして下さいね。

 

3.オイルを毛先に馴染ませる
ぬるま湯で髪や頭皮の汚れを落としたら、髪のパサつきなどを防ぐため、毛先にヘアオイルをつけましょう。

お湯シャンプーの注意点

シャンプーをいきなりやめると、頭皮から多くの皮脂が出ることがあります。
まずは1〜2日おきにシャンプーを使わない日を作っていくことから始めると良いでしょう。

 

また、お湯だけではどうしても物足りない場合は、石けんシャンプーやリリンス代わりにクエン酸を使うことをおすすめします。

 

アトピーの場合、シャンプーを界面活性剤や添加物が入っていないものに変えたり、お湯シャンプーを始めたからといって、即効性を期待することは残念ながらできません。

 

しかし、シャンプー方法を変えることでアトピー改善へ一歩踏み出すことはできますので、是非お試し下さい。

スポンサードリンク