スポンサードリンク

アトピーの人は石鹸を控える

アトピーを改善するには、石鹸を控える事が一番良い方法です。

 

衛生面を気にして汚れなどをしっかり落としたほうが良いと考えがちですが、実は、石鹸で洗う事により、皮膚そのものから排出される皮脂も一緒に落とされてしまいます。

アトピーの人は石鹸を控える

 

必要以上に皮脂が落とされてしまうと肌は乾燥しやすくなり、皮膚にダメージを与えてしまう為、アトピーには逆効果となってしまうのです。

石鹸を使用する理由を知りましょう

一般的に石鹸の使用はアトピーの逆効果となってしまいますが、石鹸を使ったほうが良い理由も存在します。

 

それは、ステロイドなどの軟膏を使用して治療している場合です。

 

軟膏に含まれている油は、お湯だけではなかなか落ちません。
お風呂に入ったのに、それらが落ちていないと、皮膚においてあまり良い状態だと言えません。

 

油分を非常にたくさん含んでいる軟膏は、皮膚に付着しているアレルゲンも一緒に付着しています。

 

その為、アレルゲンの付着を入浴によって落とし切れないまま、軟膏を塗ってしまうと落ちきれていないアレルゲンも一緒に混ざって擦り込まれてしまいます。

 

こうしたことが、痒みを引き起こす原因となります。

 

また、アトピーの人の皮膚には、健常者の人よりも黄色ブドウ球菌が多いと言われています。
黄色ブドウ球菌は、誰もがもっている常在菌です。

石鹸を使用する理由

 

しかし、アトピーの人で黄色ブドウ球菌が増えすぎると、炎症を起こしたり、感染症を引き起こすことに繋がりますので、増えすぎないように石鹸を使って洗い殺菌することが大切なのです。

アトピーの人の石鹸の使用方法

アトピーの人にとって石鹸の使用はメリットがある反面、デメリットも大きい為、使い方に注意しなくてはなりません。

 

そこで、アトピーの人が石鹸を使用する際のポイントを紹介していきましょう。

 

無添加の石鹸を使う

無添加の石鹸を使いましょう。
ただ気をつけなくてはいけないのは、何を持って無添加というかをちゃんと把握しておくことです。

 

無添加と書いてあっても実際は裏面の成分表を呼んでも分からない原材料が書いてあることも少なくありません。

 

無添加石鹸を選ぶ際は、石鹸素地だけが使われているものを選びましょう。
香料や防腐剤、着色料などが一切入っていないものということですね。

 

こうした無添加石鹸を使うメリットとしては、含有されている成分がシンプルなのでアレルギー反応を起こしにくくなります。

 

また、汚れをよく洗浄したり、泡を立てたりする成分も含まれていないので、皮脂を落としすぎず、肌にダメージを与えにくいのです。

 

石鹸を作るときに使用している油は、オレイン酸が多く含まれている石鹸がおすすめです。

 

オリーブ油から作った石鹸などは洗浄力もマイルドで保湿力も良いものが多いので是非、お試し下さい。

 

石鹸での体の洗い方

体を洗う際は、ボディタオルなどは使わず優しく手で洗うようにしましょう。

 

ボディタオルなどを使うと、摩擦が強すぎて皮膚を傷つけてしまいます。
素手で優しく、全身を洗うよう心掛けましょう。

 

シャワーの温度と水圧は低めで洗い流しましょう

シャワーの温度が高いとお風呂から上がった後に、炎症を起こし激しい痒みが出ることがあります。

 

また、お湯の温度が高いと皮脂を落としてしまうので乾燥しやすくなってしまいます。

 

更に、強い水圧は皮膚にダメージを与えてしまいますので注意が必要です。

 

設定温度は、35〜37℃くらいとやや低めにし、弱い水圧で体についた石鹸をきれいに流しきりましょう。

 

 

 

アトピーの人の肌は、非常にデリケートです。
健常者よりも、傷付きやすく、荒れやすい為、シャワーや石鹸の使い方は慎重になる必要があります。

アトピーの人の石鹸の使用方法

 

しかし、ポイントを押さえてシャワーや石鹸を使うことで改善されやすくなるのも事実ですので、ご自身の身体に一番合う方法で改善を目指していきましょう。

スポンサードリンク