スポンサードリンク

大人のアトピーは子供のアトピーとは違う病気

アトピーに悩む大人

大人のアトピーは、子供のものとは違う病気と言っても過言ではないほど難しい病気です。

 

子供のアトピーというのは、大多数が子供の抗体や体力が、低いことによって引き起こされています。

 

その為、適切な処置を行なっていれば、成長するにつれて体力も免疫力も上がるため、アトピーは徐々に無くなっていきます。

 

子供は再生能力も高いので、ステロイドを塗って炎症を抑えるとすぐに皮膚の再生もはじまり、もとの綺麗な肌に回復してくれます。

 

ところが、大人の場合はこうもいかないのです。

 

大人は抗体や体力が低いことが原因で、アトピーになるのではありません。
アトピーの元凶はアレルギーだけでなく、精神的なものも大いに関係しています。

 

その為、単純にステロイドで炎症を抑えるだけでなく、抗うつ剤のような薬を処方されている方も少なくありません。

 

大人アトピーは原因が複雑化するので、その原因究明を行なった上で、個別の治療方法を見つけ出すことが完治への糸口です。

 

治療も一番オーソドックスな方法はやはりステロイド治療ですが、漢方や針治療で治した人もいます。

 

治療薬も様々なものがあり、特効薬というものはまずありません。

 

子供のアトピーとは違うものだと認識して、自分に合う治療方法を探しましょう。

生活の見直しをしよう

大人になってからのアトピーで一番重要なのは、生活環境です。

 

子供の頃のアトピーは、まだ免疫などが十分に機能していないこともあり、食物アレルギーなどがもっとも重要視されます。

 

しかし大人の場合、食物アレルギーももちろんありますが、ストレスや生活習慣の乱れ、肌ケアの怠りなどが悪化の原因としては多いのです。

 

子供の頃からアトピーの方はもちろん、大人になってから突然アトピーになってしまった方も自分の生活を少し見直してみましょう。

 

ストレスは一番の敵

ストレスを抱える男性

  • 職場を変えたらアトピーが悪化した
  • 引っ越したら突然アトピーになった

など、大人アトピーの原因で一番多いのが、ストレスによる悪化です。

 

職場の人間関係や衛生状態(ほこりが多い、カビっぽい)、仕事によるストレスなど、誰でも起こり得るストレスがアトピーを生んでしまうのです。

 

アトピーが少しでも悪化しはじめると、またそれがストレスの原因にもなります。

 

そして、悪化してかゆくなると眠れなくなったり、無意識にかきむしってしまっていたり、ストレスの原因がどんどん増えてしまい、ますますアトピーが悪化・・・という悪循環に陥ってしまうのです。

 

実際、私も転職がきっかけでアトピーが悪化し、結局仕事を続けることができなくなるという経験をしました。

 

仕事に対するストレスや、職場の人間関係、かゆみによる不眠などの理由で、その時は精神的にもかなり参ってしまっていたのです。

 

しかし、そうはいっても働かざる者食うべからずの世の中で、アトピーが悪化する度に仕事を辞めるなんてことは難しいのが現実ですね・。

 

そこで大切なことは、上手なストレス解消方法を見つけることです。

 

自分が熱中できることを探してみたり、なるべく疲れを溜めないようにしたりなど、心も体もリフレッシュできることを発見できれば一番理想的です。

 

また、ストレスの解消はもちろん、ストレスをストレスと感じにくくする努力も必要です。

 

ストレスは真面目な人ほど感じやすいといいます。
また、溜め込んでしまう人は、重病化しやすいともいいます。

 

仕事ですから、プレッシャーを感じるのは当然のことですが、たまには肩の力を抜いてみることも必要でしょう。

 

他にも、周囲の人たちと積極的にコミュニケーションを取り、自分の状況をある程度理解してもらうことも大切です。

 

会社の人にはちょっと言い辛いという場合でも、家族や友達に悩みを打ち明けるだけでも全然変わってきますね。

 

ストレスはちょっとしたことで、改善することが可能です。
自分なりのストレス解消法を模索してみましょう。

食生活の見直しを

食生活の見直し中

大人アトピーと食生活がまったく関係していないわけではありません。
アレルギーは免疫と密接に関係しています。

 

その為、ストレスで免疫が低下すると、新たにアレルギーを発症することもありますし、アレルギー値が蓄積してしまい今まで平気だった食材も駄目になったりもすることも珍しくないのです。

 

アレルギー値は摂取を控えると、だんだん低くなっていきます。一生食べれなくなるわけではありませんので、アレルギーと分ったら医師の指示に従い、アレルゲンとなる食品の摂取を控えましょう。

 

また、体温を高くするような食べ物にも注意が必要です。
特に就寝前に、そういった類の食物を摂ると、体が熱くなりかゆみの原因となります。

 

例えば辛いものやアルコール。

 

こうした食品は、体温を上げやすくなりますのでなるべく控えた方が良いと言えるでしょう。

 

体が熱くなるとアトピー患部が発熱し、炎症に繋がってしまいます。

 

仕事のお付き合いで飲まないといけない状況もあると思いますが、飲酒量を極力少なくしたり体が火照ってしまったら保冷剤で冷やすなど、なるべく炎症を起こさないように対策を打つことをおすすめします。

生活空間は平気?

忙しくなると掃除を怠り気味になってしまうのも、悪化の原因になります。

 

アトピーの一番の敵は、ダニです。

 

ダニは健康な肌の人でも、大量に発生しているベッドで寝ると、皮膚炎を起こす人もいるくらい肌には悪影響を及ぼすものです。

 

アトピーの人は、皮膚片もたくさん落とすため、それをエサとするダニが大量発生しやすくなります。

 

また、ダニは湿度の高い空間を好む為、アトピーの人にありがちな加湿器の使用もダニにとっては格好の空間となるのです。

 

一番重点的に掃除するべき場所は、ダニの温床になりやすく、また一番触れる時間が長いベッド。掃除機でダニの死骸や糞を吸い取り、布団はなるべくお日様の下で干して乾かしましょう。

 

もし、布団を干す場所がなければ、布団乾燥機を使用されることをおすすめします。

 

ダニは乾燥に弱いので、時々カラッとさせれば退治することができます。

自分に合った治療薬を探そう

色々な薬

病院に行くとほとんどの場合、ステロイドが処方されます。

 

アトピー治療において、まずはステロイドから・・・というのはアトピー界の常識です。

 

ステロイドは副作用ばかりに注目され、極端に避ける人がいますが、やはりアトピーの炎症を抑えるのはほとんどのケースでステロイドが一番効果的だといえます。

 

ストロイドをあまり使用した経験が無い人なら、その多くはステロイドによって改善にむかいます。

 

ただ、ステロイドはアトピーを治す薬ではなく炎症を抑える薬ですから、原因が根本的に改善されなければ、アトピーが完治することはありません。

 

アトピーを子供の時から患っている人は、ステロイド以外の治療方法を模索する必要があるかもしれません。

 

私も20年以上ステロイドに頼ってきた弊害で、ステロイドを塗ると患部が赤くなったりしてしまうことがあり、しばらく脱ステロイドをしていました。

 

温泉治療や自分で保湿剤や化粧水を作ってみたり、色々なことをしてきました。

 

その結果、2年間はステロイドのお世話になることもなく、普通に生活することができました。

 

私の場合完治までは至りませんでしたが、実際に漢方などに治療薬を変えて治った方もいます。

 

アトピー商法のような怪しい話もたくさんあるので注意が必要ではありますが、ステロイドに限界を感じた方は、自分にあった治療薬を探すのも一つの方法だといえるでしょう。

スポンサードリンク