スポンサードリンク

残留塩素はアトピー肌にダメージを与える

水道水の残留塩素は、アトピーなどの肌が弱い人に悪影響を与えます。

 

現在、台所に浄水器をつけている理由として多いのは、健康面への配慮やカルキ臭対策が一般的です。

 

残留塩素はアトピー肌にダメージを与える

しかし、お風呂まで気にかけている人は少ないですね。

 

アトピーなどの肌が弱い人は、シャワーからの残留塩素の刺激からもダメージを受けますので注意が必要です。

日本の残留塩素の現状

日本の水道水は、安全性を考え
家庭の蛇口から出てくる塩素濃度を0.1ppm以上に保たれています。

 

海外と比べても日本の残留塩素の量はおよそ5?15倍と、非常に高いのです。
ヨーロッパなどでは水道水は塩素を使用されていない国も存在します。

 

日本の水道水に殺菌を目的に塩素を入れ始めて50年以上経ちますが、アトピー皮膚炎の増加も同時期から始まっているというデータがあるのです。

 

海外と比べても日本は、アトピー患者数が多いのは事実です。

 

また、アメリカで行なわれた研究結果によると

 

  • 長時間のシャワーは肌を通して多大な量の有害物質を吸収される
  • 15分のシャワーは、1Lの水道水を飲むのと同じこと

 

ということが分かっており、塩素は25℃で気化する為、浴室で呼吸をすることで自然と塩素を体内に取り込んでしまっているという結果も出ているのです。

残留塩素が肌に与える危険性

残留塩素が肌に与える危険性

水道水の塩素は、水と反応することで「次亜塩素酸」と「塩酸」を発生します。

 

これらの成分には殺菌力がある為、水中の殺菌作用を期待できる反面、

 

皮膚に存在する常在菌といって皮膚の状態を良好に保つ働きをする菌をも減少させてしまうのです。

 

また、水道水の残留塩素は、肌を乾燥させてしまう上、汗腺を閉塞させる事からアトピーへ悪影響を与えてしまいます。

 

しかし、日本全国で見ると水道水の塩素濃度が、プールの塩素濃度よりも高い地域が見られるところもありますので、

 

アトピーにお悩みの方はシャワーなど肌に直接触れる水にも気を付ける必要があるのです。

塩素除去をするシャワーヘッドでアトピー改善

アトピーを改善する方法の一つとして、シャワーヘッドを塩素除去効果のあるものに交換する方法があります。

 

塩素除去効果のあるシャワーヘッドは、インターネットでも購入でき、価格もリーズナブルなものが多いのが特徴です。

 

中には、日本アトピー協会推薦品の商品もありますので、信頼できますね。

 

シャワーとしてだけでなく、浴槽にお湯を溜めるときにも塩素除去シャワーヘッドを使用すれば、一石二鳥です。

塩素除去シャワーヘッドの選び方

塩素除去シャワーヘッドは多くのメーカーより販売されています。
その為、購入を検討されている方にとってどれを選んで良いか分からないという方も少なくありませんね。

 

塩素除去シャワーヘッドを選ぶ際のポイントは2つ挙げられます。

 

1.本体価格
最初に掛かる購入費用の他にランニングコストが掛かりますので、トータルでどのくらい掛かるか、比較してみると良いですね。

 

2.フィルターの交換頻度
シャワーヘッドの種類やメーカーにより、フィルター交換の時期が3ヶ月〜5ヶ月と異なります。

 

大きな差はないものの、継続的に使うことを考えるとどのくらいの頻度が良いか、ご自身の生活スタイルに合わせて考えてみましょう。

 

継続的な使用を考えると、ある程度有名な大手メーカーより販売されているシャワーヘッドの方が安心と考える方が多いですね。

 

実際に、シャワーヘッドを交換したり、お風呂の水道水から塩素を除去する事で、アトピーを改善したという体験が多く存在します。

 

残留塩素は、飲む水道水だけではなく、肌への悪影響も多く見られます。

 

塩素除去シャワーヘッドの選び方

シャワーやお風呂は、毎日のことなので、残留塩素は少しずつ体に蓄積されてしまいアトピーの原因となってしまうのです。

 

まずは、残留塩素対策としてシャワーヘッドを交換する事から始めてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク