スポンサードリンク

乾燥するアトピー肌の悩み

アトピーの人は、皮膚の乾燥とそれに伴う症状に悩まされるものですね。

 

保湿対策として、入浴後、すぐに保湿する人も多いでしょう。
入浴後は、非常に肌の水分が飛んでいきやすく、肌は乾燥しやすい状態にあります。

感想するアトピー肌の悩み

 

入浴後の乾燥対策を行っている人は多いですが、実は、入浴前から保湿する事によって、乾燥を防ぐ事が出来るのです。

バージンココナッツオイルを入浴前にお風呂に入れる

アトピーで肌の乾燥を防ぐ、保湿対策としておすすめなのが、
入浴前に、お風呂にバージンココナッツオイルを入れる方法です。

 

ココナッツオイルをお風呂に、スプーン一杯入れるだけで入浴後、肌がしっとりして保湿効果を得る事ができます。

ココナッツオイル風呂の効果

バージンココナッツオイルを入浴前にお風呂に入れる

ココナッツオイル風呂の効果は、保湿効果が得られ、お肌がしっとりします。
その為、お肌がカサカサなアトピー肌の人にはおすすめです。

 

ココナッツオイルには、美肌効果の他、抗炎症作用、抗菌性がある事から、ココナッツが採れる南の国では、古くから傷にココナッツオイルを塗り、炎症を抑えるのに用いられていた習慣があります。

 

肌への浸透性が高いココナッツオイルは、老廃物を血液に溶かす役割もあり、ビタミンEも多く含んでおり、肌の保護にも役立ちます。

 

ココナッツオイルには、ラウリン酸が多く含まれているのですが、ラウリン酸には、免疫力を高めてくれる役割がある為アトピーの人にもぴったりです。

 

また、アトピーの原因ともされる肌の黄色ブドウ球菌を減らす効果にも優れています。

 

アトピーによる顏の赤みに対しても、抗炎症作用により改善することができますし、アトピーに限らず、日焼け後の肌のケアやニキビの赤みにもおすすめです。

ココナッツオイルの多様な使用方法

アトピーにとって有効に働きかけてくれるココナツオイルですが、どのように使うと良いのか?
見ていきましょう。

 

入浴前にお風呂に入れる

これは冒頭で紹介したとおり、入浴前にスプーン一杯お風呂にココナッツオイルを入れるだけです。

 

また、入浴前に、全身にたっぷり塗ってから入浴するのも良いですね。

 

スキンケアとして使う

保湿性が高いオイルの為、乳液やクリームの代わりにココナッツオイルを使います。

 

また、頭皮にも使う事ができますので、頭皮の乾燥にお悩みの方にもおすすめです。

 

ココナッツオイルは、低刺激なのでアトピーの方でも安心して使用する事ができますが、念のため肌に使用する前にパッチテストすると良いでしょう。

 

また、ココナッツオイルを選ぶ場合は、トランス脂肪酸やコレステロールが入っていないエキストラバージンココナッツオイルやバージンココナッツオイルを選ぶことをおすすめします。

バージンココナッツオイルの多用な使用方法

 

乾燥に悩むアトピーの方は、入浴前にお風呂に入れて保湿効果を高める使用方法の他にも、万能なココナッツオイルでありますのでココナッツオイルは、アトピー改善に多く役立ってくれるでしょう。

 

スポンサードリンク