スポンサードリンク

アトピーとアレルギーの関係

アトピーの人はほぼ100%の人が、アレルギーを持っています。
アトピーは、アレルギーが原因で発症することが多く、アレルギーへの知識は少しは持っていた方が良いでしょう。

 

アレルギー物質は完全にシャットアウトすることは難しく、アレルギー反応が起きてしまうこともありますが、上手にお付き合いしていけば治る病気です。

 

 

そもそもアレルギーとは?

免疫システム

人間の体には、悪い菌から体を守るために、免疫という機能があります。

 

一度体内に入った菌を、体はきちんと覚えておりその菌に対する防衛システム(免疫システム)を確立します。

 

ワクチンなどは、このシステムを利用したものです。
体内に、感染を防ぎたい病気の菌を事前に微量、入れることで、その菌を体外に追い出すシステムを作り上げるのです。

 

しかし、この免疫も万能ではありません。
侵入してきた特定の異物に体が敏感になって、過剰な反応をしてしまうことがあり、これがアレルギーです。

 

アレルギー反応も様々なものがあります。

 

そばのアレルギーのようなショック状態になってしまう危険なものから、蕁麻疹や発疹のような皮膚に出る反応、下痢などの体内で炎症が起こる場合など、人によってどういう反応を起こすかも様々です。

 

私の場合、アレルギーは主に皮膚に炎症がでます。
金属製のアクセサリーを身につけた時に、肌と触れている箇所が赤くなってしまったり、何か体に合わない食べ物を食べた時に、皮膚に蕁麻疹が出たりします。

 

冷却するなどして炎症を抑えることで、1時間程で炎症が落ち着く場合が多いですが、人によっては何日にも渡って症状が続くこともあるのです。

 

アレルギーとアトピー素因

アトピー患者の多くは、「アトピー素因」と呼ばれるものを持っています。

 

このアトピー素因というものは、

  • 家族の中にアレルギー疾患を持っている人がいるか
  • 本人が今までどのような病気にかかってきたか
  • IgE(免疫グロブリンE)を産出しやすい体質か

これらの条件で判断するというものです。

 

  • 気管支ぜんそく
  • アレルギー性鼻炎
  • アレルギー性結膜炎
  • アトピー性皮膚炎

の何れか1つ、または複数かかったことがあれば、アトピー素因があると判断されます。

 

アトピー素因がある人

このIgEは、アトピーと非常に関係が深い物質で免疫システムの中で作られる物質の1つです。

 

人間の体内にアレルギー物質が入ったとき、それを排除するために免疫機能を担当している細胞(免疫細胞)が、体内で複数の物質を作ります。

 

このIgEは免疫細胞Bという細胞によってつくられる物質で、粘膜などにいる肥満細胞とくっつく性質を持っています。

 

しかしこの性質が厄介で、肥満細胞はIgEに付着されると、中に持っているヒスタミンと呼ばれる、炎症の原因になる物質を放出してしまうのです。

 

この仕組みは、アレルギー性の病気であれば大体当てはまります。

 

IgEがくっついてしまう対象は

  • 皮膚の肥満細胞ならアトピー
  • 気管系の細胞ならぜんそく
  • 鼻の粘膜なら鼻炎

 

などが挙げられます。

 

アトピー患者の多くは、血液中のIgE数値が高いといいます。

 

ただこのIgEの分泌量の話は、80%くらいのアトピーの方には当てはまりますが、IgEの量が正常値であってもアトピーを発症するケースは珍しくありません。。

 

アトピーは、IgE数値が全てではないということですね。

アレルギーの種類

代表的なアレルギーは、食物、動物などがあり、他にも花粉やハウスダスト、金属、塩素(水質)などのアレルギーがあります。

 

これらの一般的なアレルギーは、パッチテストでどの程度のアレルギーがあるのか測定してもらえます。
アレルギーについては病院で調べることができますので、きちんと把握しておきましょう。

 

食物アレルギー

一番多いと言われているのは、5大アレルゲンと呼ばれている卵、乳製品、大豆、米、小麦の5つです。

 

他にも、青魚や貝、イカ、タコ、カニなどの魚介類。
にんにく、みかん系の柑橘類、キウイ、バナナなどの青果類。
ピーナッツ、えんどう豆などの豆類。アルコール各種にもアレルギーを持っている方もいます。

 

アレルゲン

 

種類も沢山ある食物アレルギーですが、その中で最も恐ろしいのがそばアレルギーです。
そばアレルギーは、アレルギーの方が食べると、とても強いアレルギー反応がおきます。

 

アナフィラキシーと呼ばれるショック状態になってしまい、

  • 呼吸困難
  • 血圧低下
  • 意識障害

を発症するのが一般的で、最悪の場合、命を落とす事態にもなってしまいます。

 

私も軽いそばアレルギーを持っていました。
そこまで酷いアレルギーでは無かったので大丈夫でしたが、小さい頃にお蕎麦を食べた後に息苦しくなったことがありました。

 

その頃私は、まだアレルギーの検査をしていなく、後にアレルギーのパッチテストを行った際に、そばアレルギーのことが発覚しました。

 

軽いアレルギーだったので大事には至りませんでしたが、きちんと測定して把握しておかないと、大変な状況にもなり得るのだなと痛感しました。

 

動物アレルギー

猫

病院で測ってもらえるのは、犬や猫が一般的ですが、動物の種類で全然違う症状が出たりもします。

 

私は、猫犬アレルギー両方を持っており、猫アレルギーのほうが強い症状が出ます。

 

具体的な症状としては、犬と触れ合うと軽い蕁麻疹で済みますが、猫と触れ合うと気管支が炎症を起こし、息苦しくなります。

 

 

医師には、「犬は触ってもいいけど、猫はできるだけ触れ合わないのが賢明」と言われました。

 

また、犬や猫の他にも

  • 鳥と触れ合うとアレルギーを起こす方
  • ハムスターなどの小動物と触れ合うと蕁麻疹が出る方

など、犬猫以外にも色々な動物にアレルギーがあり、症状は先の例でも述べた通り、

 

  • 息苦しさ
  • 蕁麻疹
  • 鼻水


などが一般的です。

 

ただアレルギー症状は人によって様々ですので、どんな症状がどのような形で発症するかは、ここで書いた意外にも沢山種類があります。

 

人工物へのアレルギー

人工物アレルギーの人

身近にあるものが意外にアレルギーの物質だった、なんてこともアレルギー体質の方にはよくあることです。

 

私の場合、金属や化繊、塩素、添加物など、様々なもので炎症を起こすことがあります。

 

特に金属は、一般的にアレルギーが起きにくいと言われているチタン製の物も試してみましたが、蕁麻疹が出てしまいダメでした。

 

また、何のアレルギーかは断定できませんが、都市部などの空気が汚いエリアに行くと、アトピー部分が赤く炎症を起こしたり、気管支がきゅーと細くなるような感覚の後に少し息苦しくなることもあります。

 

これは医師に検査してもらった訳ではありませんので断定はできませんが、個人的な見解では、空気中に舞っている何かの物質によって炎症を起こしてしまっているのでは、と思っています。

 

こうした例は珍しくなく、自然が豊かで空気の綺麗なエリアに住んでいた方が都市部に引っ越したことでアトピーが悪化してしまったというケースや逆に都市部から自然の多いエリアに引っ越したことでアトピーが良くなったというケースもあるのです。

 

人工物のアレルギーは解明されていないものも多いので、全てを除去することは不可能だといえます。

 

金属や化繊、塩素などのわかりやすいものは気をつけるとして、もし原因が分からないようなアレルギー状態になってしまったら、とりあえず落ち着いて悪化しないような処置をしましょう。

アレルギー対策

アレルギーの対策は、大きく分けて以下の3つになります。

 

アレルギー対策を教える医師

  • 自分のアレルギーを知ること
  • アレルゲン物質との接触を極力避けること
  • アレルギー値をこまめに観察すること

 

この3つを達成できれば、アレルギーとおさらばできます。

 

アレルギーは不思議なもので、摂取を控えたりすることで、アレルギー値が下がっていきます。

 

また、アレルギーに強い体質作りをすると、アレルギー反応が起きなくなったという話もあります。

 

青魚に多く含まれるEPAやDHAは体内の炎症を抑える作用があったり、免疫力をあげるというビタミンD(きのこや卵、鮭などのお魚に多く含まれている)を摂取したりすると効果があるらしく、青魚などはアレルギーがなければ、積極的に食べると効果的だと言われています。

 

アレルギー値を下げるのは非常に辛いことです。

 

ケーキを好きな友人が小麦と乳製品アレルギーだということが発覚し、2年弱これらの製品を絶って頑張っていました。

 

食べれる甘味といえば、一部の和菓子だけでとても辛いと嘆いていた友人ですが、2年間立派に我慢してアレルギー値をしっかり下げて無事にケーキを食べれる体を取り戻していました。

 

努力をすれば必ず報われます。頑張ってアレルギーと向き合えば、必ずアレルギーから開放される日が来るのです。

スポンサードリンク