スポンサードリンク

アトピーと赤ちゃん

赤ちゃん


まさか・・・この子はアトピー?

 

可愛いわが子の肌に湿疹が出来てしまったとき、「まさか・・・これはアトピーでは??」と考えてしまう方がよくいらっしゃいます。

 

もちろんアトピーの可能性もありますが、「皮膚疾患=アトピー」ではないのでご安心ください。

 

医師によると、湿疹で通院してくる何割かの赤ちゃんはドライスキンによる湿疹で、軽い保湿対策で治る子供がほとんどだといいます。

 

生まれて間もなくから、生後3ヶ月くらいまでよく見られる「新生児ニキビ」や、生後2〜5ヶ月ころまでよく発症する「脂漏性湿疹」は、よくアトピーと勘違いされる症状ですが、肌を清潔に保ってあげれば治る症状です。

 

ただ、赤ちゃんの湿疹とアトピーの判断はとても難しく、

経過を見ながら慎重に判断をしていく為、「この子の湿疹は新生児ニキビに違いない」などと素人判断をしないようにしましょう。

 

悪化させてしまっては、後々もっと大変なことになってしまいますから、もし変だな?と思ったら早めに医師へ相談することをおすすめします。

 

ちなみに、私の親戚の子が、赤ちゃんのときに体と顔に湿疹ができてしまい、皮膚科に通院していました。

 

医師からは、「もしかしたらアトピーかもしれないが、まだはっきりとは分からない」と言われ、保湿用のローションが処方されたそうです。

 

その後、少しかゆみを伴う湿疹になってしまったので、ステロイドが配合されている軟膏も処方されていましたが、今ではすっかり綺麗に治っています。

 

赤ちゃんは、新陳代謝が活発です。
それゆえ分泌物も多く、湿疹などの肌のトラブルを抱えやすいのですが、回復も早いので、正しいケアを行なっていれば、大部分の方は治ります。

アトピーと診断されてしまったら

アトピーは治らない病気ではありません。
アレルギーの多い赤ちゃんのときにアトピーを発症しても、大多数の方は大人になるまでに完治していきます。

 

しかしそれには、正しいケアと治す努力が必要です。

 

こんを詰める必要はありませんが、押さえなくてはいけないところはしっかり守っていきましょう。

 

正しい皮膚のケア

ステロイド軟膏

 

赤ちゃんにステロイドなんて・・・といって医師が処方した薬を、途中で使用を止めてしまう方がいます。

 

副作用が赤ちゃんに出たら・・と思っての行動でしょうが、この判断は間違っています

 

ステロイドは、体の炎症などを抑える薬です。

 

たしかに、アトピーの根本を治す薬ではない為、「塗って治療→治る→また再発→ステロイドを塗る」という悪循環を繰り返してしまっている患者さんも多く、「長年お世話になってしまったので、最近は副作用が・・・・」という話もよく聞きます。

 

私もアトピーを赤ちゃんの頃から発症し、大学を卒業するまでアトピーの改善、再発を繰りかえし、ステロイドを塗ると患部が赤く晴れ上がってしまう、軽い副作用を起こすところまで行ってしまいました。

 

しかし、この副作用の話は、あくまで続けて使用した場合によります。
ステロイドは普通ですと、微量であれば体内で分解されて、体には残りません。

 

内服薬や注射で大量に一度に摂取したり、長時間使い続けなければ、副作用がでることはまずありません。

 

赤ちゃんは新陳代謝が活発で皮膚の再生も早いので、ステロイドを少し塗っただけで、大体の場合治るのです。

 

処方される薬も、ステロイド軟膏の中でもステロイドの配合量の少ないマイルドな薬が処方されますが、赤ちゃんはこれで十分治ります。

 

まずステロイドを数日使って炎症を抑え、赤ちゃんの辛さを解消してあげた後に、体を清潔に保ってあげて、保湿もしっかり行なってあげると良いでしょう。

 

また、炎症を起こしているアレルギー物質の究明も大切ですので、赤ちゃんの体質をしっかり把握してあげてください。

 

ステロイドを使って炎症を抑えた後、その状態維持するのは両親の努力次第で変わってくるのです。

 

食事で気をつけたいこと

赤ちゃんは胃腸の働きがまだ正常に行なわれていない為、アレルギーは多くなります。

 

また、母乳から離乳食への移行の時期には、消化するものに固形物が登場したりするため、胃腸の機能が追いつかず、アレルギーを起こしてしまうこともあるのです。

 

ちなみに、湿疹などがひどいアレルギー赤ちゃんの離乳スタート目安は、5ヶ月半〜6ヶ月です。

 

アレルギーがありそうな赤ちゃんは離乳食を始める前に、何のアレルギーを持っているか、きちんと知っておく必要があるといえるでしょう。

 

赤ちゃんに多いといわれているアレルギーは全部で5つあります。

  • 牛乳
  • 小麦
  • 大豆

 

しかし、これらは赤ちゃんが育っていく上で非常に重要な栄養素を含んでおり、アレルギーだから全部食べさせない!というわけにはいけません。

 

特にカルシウム、ビタミン類は重要で、ビタミン不足はかっけや、くる病になってしまう可能性もあります。

 

代替になるような食材を医師や栄養士に相談すると良いでしょう。

 

自己判断で食物の除去を行なうと、他の病気の併発にも繋がりますので注意して下さいね。

 

ちなみに、アレルギーがひどい場合は完璧に摂取しないという形が取られますが、アレルギーが軽度の場合は、加熱方法などのアレルギー物質の軽減策が推奨されています。

 

生卵がだめでも、熱を通せば問題ないというパターンもあるのです。

 

アレルギーの度合いも考慮して、赤ちゃんに色々と食べさせてあげるのが理想的ですね。

 

赤ちゃんは床生活者!

はいはいする赤ちゃん

 

ベビーベットで生活をしている時は、シーツを変えたり衣類やおむつを替えてあげたり、清掃もらくちんなのできちんとしている方も多いですが、ハイハイシーズンになるとなかなかそうはいきません。

 

7ヶ月〜8ヶ月くらいでハイハイをはじめる子が多くなりますが、まだまだこの時期の赤ちゃんはデリケート。

 

床生活が主となる赤ちゃんは、私達が普段足の裏や服の上から接しているような場所でも、べたべた直接触ることになります。
肌も敏感なのでアレルギー物質があった場合は、すぐに炎症を起こしてしまうなんてことにもなり得るのです。

 

赤ちゃんのいるご家庭で一番厄介なのが絨毯です。
フローリングであっても、赤ちゃんのために絨毯を敷くご家庭は多いですね。

 

しかし、この絨毯はダニの温床です。
掃除機で表面を掃除することは、一般的に行なわれていますが、赤ちゃんがいるご家庭では、絨毯自体の洗浄はもちろん、絨毯をめくって裏側も掃除機がけをしましょう。

 

それから意外と盲点なのは、ぬいぐるみ類です。
赤ちゃんのおもちゃにと、ぬいぐるみを購入する方は多いですが、基本的に布製品はダニの温床になりやすいため、こまめに洗濯や掃除機をかけなくてはなりません。

 

他にも、カーテンやソファなど、布製品はこまめに掃除をすることが大切です。

 

アトピー理解者になろう!
  • 妊娠中、卵を食べないと赤ちゃんは卵アレルギーにならない
  • 母乳にアレルギー物質が含まれているとそれが原因でアレルギーになる

など、アトピーには様々な真偽が定かではない話が飛び交っています。

 

まずこの2つの説については、きちんとした医学的な事実に基づいた話では無い、ということをはっきりと言っておきます。

 

実際私の知人に、妊婦の時に卵を一口も食べなかったのに、子供に卵アレルギーが出てしまった方がいました。

 

医師によると、過度に取りすぎるというのは、アレルギーの可能性が出てきてしまう場合もあるが、それは何も卵だけではなく、他の食材でも同じだということでした。

 

アトピーやアレルギーだというと、過剰に敏感になってしまう方もいますが、神経を尖らせ過ぎてしまうのは非常に危険です。

 

私達が生まれつきもっている体質は、治せるものではありません。

 

子供にアトピーの体質が遺伝していても、それは仕方が無いことです。

 

小さなお子さんがいる家庭では、何かと忙しくて大変なことも多いでしょう。

 

また自分の赤ちゃんにアトピーのような症状が出てしまったら、心配なのも分かります。

 

しかし、極端な方向に走ってしまうと、そのことが原因で悪化してしまうこともあるのです。

 

分からないことがあったらまずは医師に相談しましょう。

 

病院によっては栄養士がいるようなところもあるので、メニューについても相談に乗ってくれるはずです。

 

アトピーを治すためには、専門家の話をよく聞きアトピーについて正しい情報を知ることが一番の近道なのです。

スポンサードリンク