スポンサードリンク

実際に自腹で試したアトピーグッズを独断と偏見で辛口でレビュー

このサイトではアトピーにお悩みの方に向けたアトピー治療・改善に有効な最新情報をお届けします。

アトピーに関する情報を紹介する人


信頼出来るサイト、実際に使用してみて安心して使える安全なアトピーグッズを辛口レビュー、厳選してご紹介しますので是非、お役立てください。


同時に行うアトピー治療とは?

アトピーは現在の症状に対する治療だけではなく、将来的にアトピーを克服できるような根本治療を行っていくことが大切です。

現在の症状への治療(対処療法)

皮膚のかゆみを抑える、良くする→現在の症状改善

アトピーの根本原因への治療(根治療法)

体質改善、良い血液を作る→未来の状態改善

血液をきれいにすることがアトピー治療のポイント


まず大前提として、対処療法だけでは決してアトピーは完治しません。

アトピーの症状である「かゆみ」は病気の本質ではありません。
つまり、かゆみを抑える治療を続けているだけでは、アトピーそのものの完治には繋がらないのです。

ポイントを解説する人

アトピーの症状は皮膚に現れますが、皮膚はどこで再生されているかご存知ですか?
皮膚の再生は「血液」によって行なわれます。

アトピー治療で大切なことは、アトピーの本質原因となる体質を改善すること。

つまり、血液をきれいにすることがアトピーを克服するためには必要不可欠と言えます。

「血液をきれいにすること=体質改善をする」ためには、原因となる身体の機能や、現在の生活環境を改善しなければいけません。

アトピー性皮膚炎の特徴

「アトピー」と一言でいっても、食生活や環境、体格や体質などにより、1人1人それぞれ異なる症状が起こるのがアトピーの特徴です。

症状はその方独自のもの。つまり、治療方法や改善方法も一律ではないということ。
あなたに合った治療法を見つけて、それを日々実践していくことが、アトピー改善への近道となるでしょう。

アトピー克服の最短の道は「正しい情報を得ること」

アトピー性皮膚炎に対する正しい情報を得ることアトピーを治す上で最も近道になります。
当たり前ですが、間違った情報はアトピーを悪くさせます。

特にステロイド剤などは最低限の知識を持った上で使用してください。

多くの方がステロイドの副作用で苦しんでいます。ステロイドは適切な使い方をしなければ毒にもなり得る諸刃の剣になるのです。

アトピー治療を医師任せにしていませんか?

多くの医師にはあなたの他に多くの患者さんがいます。
あなたにとっては1人だけの医師が、医師にとってのあなたは多くの患者さんの1人でしかありません。

現状の医療では1人に対する時間が限られてしまうのが現実です。

この現実を踏まえると、決して医師に丸投げすることなく、セカンドオピニオン(2人目の医師)などを得ることで情報のかたよりをなくすことで、間違った治療を行なう確率が低くなります。
今はインターネットのアトピーの専門サイトや、アトピーグッズ販売店などでも無料で相談(メールや電話)できるところも多いので、ぜひ積極的に相談してください

多角的に情報をとることは安心感にもつながりますし、同じような症状で改善・克服した経験者の方が見つかるかも知れません。

医師との付き合い方

医師に相談する人

病院の医師に診察をお願いする時に、意識して頂きたいのが「根本治療」です。

医師によっては、アトピーの根本原因の治療に触れず、アトピーの症状を一時的に緩和する治療だけに専念する場合があります。

例えば、特に症状などのヒアリングをせずに毎回ステロイドを処方されるだけというのもその一つです。

アトピー治療では、誤った治療を続けると、克服からどんどんかけ離れてしまい、当初より返って悪化してしまった…ということになり兼ねません。

医師からステロイドを処方された場合、処方されたからと信じて使うのではなく、きちんと医師から説明を受け、納得した上で使用する。きちんと自己責任で「使用する・しない」を決めていくことが大切です。

また、医師に「根本の原因の治療をしてほしい」と訴えることも大切です。

多くのアトピー患者の根治をした医師の話を聞く、実績のある専門家やアトピーを克服した経験者の話を聞くことが大切です。

今かかっている医師がろくに話も聞かずに薬を処方するだけであれば、病院を変えることをおすすめします。

アトピー関連の最新情報

 

アトピーに関する基礎知識

アトピーとは

アトピーとは元々アレルギーを引き起こしやすい人がかかる病気で、現在は子供の4人に1人はアトピーの症状があると言われているほど珍しい病気ではなくなっています。
自分の体質をしっかり把握することが、アトピー改善の糸口になります。

 

 

 

アトピーの原因

アトピーの原因と考えられることはたくさんあり、人によって異なるものです。主な原因としてあげられるのは体質や環境、外的要因、食生活などがあげられます。これらの中でしらみつぶしに原因を探るのは難しいですが、はっきり原因がわかると効率良く予防できます。

 

 

 

アトピーと遺伝

アトピーは親から子へアトピーを発症しやすい体質が遺伝すると考えられます。ただし、親と全く同じ原因でアトピーを発症するとは限りません。

 

 

 

アトピーと合併症

アトピーは皮膚の不快な症状だけでなく、目などにも合併症を伴う場合があります。自己判断で治そうとすると悪化する可能性があるため注意が必要です。
適切な判断をするためにも医師に相談することをおすすめします。

 

 

 

アトピーとアレルギー

アトピーの人は何らかの物質に対してアレルギー反応を示す体質の持ち主だと考えられます。アレルギー反応を引き起こすアレルゲンがきっかけになりアトピーの症状が悪化します。
アレルゲンとなる物質も様々で特定は難しいですが、努力次第で改善する場合が多いです。

 

年代別のアトピー

赤ちゃんと乳幼児のアトピー

赤ちゃんや乳幼児期からアトピーの症状が見られる場合も多いですが、湿疹などの症状を判別がつきにくいものです。もしもアトピーと診断された場合は、きちんと医師の指示に従って処方された薬を正しく使って下さい。

 

 

 

乳児のアトピー

乳児期のアトピーは食事内容に注意して、できるだけ皮膚をかかないように工夫することで悪化を防ぎましょう。アトピーで見られる症状とよく似ているとびひや水いぼにアトピーの薬を使うと逆効果になるため注意してください。

 

 

 

子供のアトピー

子供の頃にアトピーをきちんと治しておけば大人になってから症状が悪化しにくいと考えられます。根本的な原因を改善しなければいつまでもアトピーも治らないため、正しいケアを徹底することが大切です。

 

 

 

大人のアトピー

大人のアトピーについては幼少期に見られるアトピーと異なり精神的な影響が大きいと考えられています。ストレスや食生活などに注意して規則正しい生活を心がけ、正しく薬を活用することが大事です。

 

管理人のプロフィール

自己紹介

管理人である私自身も子供の頃からアトピーの症状に悩まされていました。これまでに苦労したこともたくさんあり、アトピーに対して偏見を持つ人にもたくさん出会いました。
アトピーに関して正しい知識を持つ人が増えて欲しいとの思いでこのサイトを開設しました。

 
スポンサードリンク